会員ページへ
グラフィからのお知らせ

Gmail 独自ドメイン

Google apps の独自ドメイン 機能と連携することで、 gmail を独自ドメインで運用することが可能です。

Gmail 用の設定をするには、 あらかじめ独自ドメインを取得し、 システムに登録しておく必要があります。

また、 Gmail 独自ドメイン機能とメール転送機能は同時に使えません。 ドメイン毎に、 どちらか一方を使うことになります。

設定方法

以下の設定方法は、 Google 社の Web サイトに準じていますが、 Google 社の都合で内容が変更になる可能性があります。 ご了承ください。

Google Apps の申し込み

http://www.google.com/a/help/intl/ja/admins/editions.html より Standard Edition または Premier Edition の「お申し込み」ボタンをクリックします。

image-gmail-01.png
(図1 クリックで拡大)

図1 を参考に、ドメイン名を入力して「次へ進む」をクリックしてください。 この後、 ユーザ情報などを入力する画面が続きますので、 Google 社の案内に従い、 申し込みを完了させてください。

ドメイン所有権の確認

申し込み完了後、 ログインを済ませると、 画面上部に図2 のような表示が現れます。

image-gmail-02.png
(図2 クリックで拡大)

「ドメインの所有権を確認」のリンク (図2 赤丸) をクリックします。

続いて表示される画面の所有権の確認方法で「CNAME レコードを変更」を選択してください。 画面が図3 のような状態になります。

image-gmail-03.png
(図3 クリックで拡大)

ここで表示されるホスト名 (図3 青丸) を、 グラフィの DNS管理画面で登録します。

グラフィの会員ページ左メニューから「ドメイン・サイト情報」をクリック、 表示されたドメインリストのうち、 目的のドメイン名をクリックして図4の画面を開きます。 この操作は、 図3 を表示したまま、 別のウインドウを開いておこなってください。

image-gmail-04.png
(図4 クリックで拡大)

ここで、図3 青丸で指示された文字列を CNAME に登録します。 図3 の 2. の文字を図4 の「ホスト名」に、 図3 の 3. の文字を図4 の「サーバ名」に入力し、 「追加」を押して CNAME レコードの設定をしてください。

image-gmail-05.png
(図5 クリックで拡大)

図5 のように文字列が正しく設定されたことを確認してください。

ここで、 Google 側の画面に戻ります。 図6 (図3 と同じ) の「確認」ボタンを押して先へ進みます。

image-gmail-06.png
(図6 クリックで拡大)

図7 のように設定完了まで時間がかかるむね表示されますが、 以下の設定は先行して先にして実行してかまいません。

image-gmail-07.png
(図7 クリックで拡大)

メール受信サーバ (MX) を Google に設定

Google 側画面の「メールを有効にする」(図8 の赤丸) をクリックします。 画面下部に図11 のような内容が表示されますが、 ここではボタンは押さずに、 そのままにしてください。

image-gmail-09.png
(図8 クリックで拡大)

再びグラフィ側画面に戻り、 ドメイン設定画面を表示させます (図9)。

image-gmail-08.png
(図9 クリックで拡大)

ここで、 「Google gmail 用の設定をする」ボタン (図9 赤丸) をクリックしてください。 「現在設定されている MX が消去されます、云々」の警告が表示されますが、 「OK」を押します。

図10 のように、 図11 で指示された内容が設定されます。

image-gmail-10.png
(図10 クリックで拡大)

Google 側画面に戻り、 「指定された手順を完了しました」ボタン (図11 赤丸) を押してください。

image-gmail-11.png
(図11 クリックで拡大)

以上で Google gmail 用の DNS 設定は完了ですが、 Google 側で設定が完了するまで、 しばらく (24時間程度) かかることもあるようです。 直ちにこのドメインで gmail が使えるとは限りませんので、 ご注意ください。 しばらく時間をおいて使ってみることをお勧めします。

Gmail Web URL の変更

自分のドメインのメールを受け取れるだけでなく、 Gmail にアクセスする時の URL を http://mail.example.com のように自分のドメインに変更することができます。

Google 側で gmail URL の変更をおこなってください (図12)。

image-gmail-12.png
(図12 クリックで拡大)

「次へ」をクリックすると、 CNAME で設定する文字列が指示されます。

グラフィ側で、 指示されたサーバ名を図13 のように CNAME で設定してください。

image-gmail-13.png
(図13 クリックで拡大)

.JP ドメイン検索
使えるドメインを調べてみよう!
新着リリース

Copyright (c) 2007-2013 Graphy, Inc. All rights reserved.

よくあるご質問お問い合わせ会社案内サイト利用規定個人情報保護方針