会員ページへ
グラフィからのお知らせ

ダイナミック DNS

IP アドレスが動的に変わるノート PC やサーバを名前で管理するための、 ダイナミック DNS (DDNS) 機能を提供しています。

ドメインの登録

あらかじめ、DDNS で使うドメインをシステムに登録しておく必要があります。

ホストの登録 (DDNS 登録)

実際に DDNS でホストを登録するには、 以下の 3つの方法があります。
● ブラウザから手で設定
● DDNS クライアントを用いる
● ネットワークカメラやルータなどの組み込み機能を用いる

方法1: ブラウザから手で設定

以下のような URL をお使いのブラウザでアクセスすることで、 DDNS の登録ができます。

http://dnsalias.jp/register?hostname=notepc.example.jp&ip4=43.0.0.1

URL で hostname に登録したいホスト名、 ip4 に IP アドレスを指定します。 続いて認証のダイアログが表示されますので、 グラフィの会員 ID (メールアドレス) とパスワードを入力してください。

DDNS の登録に成功すると、 SUCCEEDED の文字列が表示されます。 Authentication Failure と表示された場合は、 ID かパスワードが間違っている可能性があります。 また、 Invalid request と表示された場合は、 hostname で指定したホストのドメイン名が、 あらかじめ登録されたものでないことを示します。

ip4 の指定を省略すると、 要求を出したブラウザの IP アドレスが登録されます。 ただし、 Web プロキシなどを使っている場合は、 プロキシサーバのアドレスが登録されてしまいますので、 注意が必要です。

hostname の指定を省略すると、 あらかじめ登録しておいたホスト名が用いられます。 デフォルトのホスト名を登録するには、 会員ページの左メニューから「アカウント情報」をクリックし、 アカウント一覧を表示します。 自分のアカウント名の部分に表示される「変更」リンクをクリックしてください。 以下のような画面が表示されます。

image-userconf-02.png
(クリックで拡大)

ここで、 「ダイナミック DNS 用情報」の「デフォルトホスト名 (図の赤丸)」に、 ホスト名を入力します。 ホストのドメイン名は、 あらかじめシステムに登録されたものでなければいけません。

また、 同一メールアドレスで複数の組織に所属している方は、 目的のドメインを登録している組織を「デフォルト所属組織 (図の緑丸)」で 選択してください。 これは、 メールアドレスで認証するにあたり、 どの組織として動作するかを決める必要があるためです。 上記入力を済ませた後、 画面下部の「情報を変更」をクリックします。 以上でデフォルトのホスト名が設定され、 DDNS 登録において hostname を省略することが可能になります。

これら省略形を上手に使うと、

http://dnsalias.jp/register

と入力するだけで DDNS 登録することができます。

方法2: DDNS クライアントを用いる

以下の DDNS クライアントで動作検証済みです。
DiCE (Windows/Linux 版)
 
  詳細はこちらおよび上記 DiCE のサイトをご覧ください。

方法3: ネットワークカメラやルータなどの組み込み機能を用いる

以下の機材は動作検証済みです。
Panasonic BB-HCM110
  カメラの設定で DDNS の URL に
  http://dnsalias.jp/register?hostname=xxx.example.jp
  のようにホスト名を指定
  ID とパスワードはグラフィ会員の ID、パスワードを登録してください

.JP ドメイン検索
使えるドメインを調べてみよう!
新着リリース

Copyright (c) 2007-2013 Graphy, Inc. All rights reserved.

よくあるご質問お問い合わせ会社案内サイト利用規定個人情報保護方針